ジョージ・エリオット名言まとめ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ジョージ・エリオット名言

ジョージ・エリオット George Eliot(1819 – 1880)

イギリスの女流作家、翻訳家。ヴィクトリア時代を代表する作家のひとり。本名はメアリー・アン。

「女性作家は陽気なロマンスしか書かない」というステレオタイプを逃れるために“ジョージ”という男性ペンネームを使っていたといわれる。代表作は「サイラス・マーナー」、「ミドルマーチ」など。


ジョージ・エリオット名言


愛されるだけでは物足りない。
愛の言葉もかけてほしい。
静寂の世界は、お墓の中で十分に味わえるのだから
I like not only to be loved,
but also to be told that I am loved;
the realm of silence is large enough beyond the grave

笑顔を浮かべれば、友達ができます。
でも、しかめっ面を浮かべれば、しわができます
Wear a smile and have friends;
wear a scowl and have wrinkles

なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはありません
It is never too late to be what you might have been

私たちの行動が私たちの人間性を決定します。
同じように私たちの人間性が私たちの行動を決定します
Our deeds determine us,
as much as we determine our deeds

最も幸福な女性は、最も幸福な国家と同じく、歴史を持っていない
The happiest women, like the happiest nations, have no history

別れの苦痛のなかで、ようやく私たちは愛の深さを見つめる
Only in the agony of parting do we look into the depths of love

人生は、目を覚まして母の顔を愛するところから始まった
Life began with waking up and loving my mother’s face

動物ほど気持ちのよい友だちはいない。
彼らは何も問いかけてこないし、批判もしない
Animals are such agreeable friends –
they ask no questions, they pass no criticisms

さあ顔を上げて!君は失敗するために生まれてきたんじゃない、
成功するために生まれてきたんだ。嬉々とした自信を持って前に進め
Hold up your head! You were not made for failure,
you were made for victory. Go forward with a joyful confidence

過ちを非難しすぎるよりも、過ちを許しすぎる方がずっとまし
It is surely better to pardon too much, than to condemn too much

ゴシップは汚いパイプ・たばこがまき散らす一種の煙で、
スモーカーの悪趣味以外の何ものでもない
Gossip is a sort of smoke that comes from the dirty tobacco-pipes of those who diffuse it: it proves nothing but the bad taste of the smoker

言葉は翼を持つが、思うところに飛ばない
Our words have wings, but fly not where we would

女性が愚かだということを私は否定しません。
男にお似合いの相手として、神は女性を創られたのですから
I’m not denying the women are foolish:
God almighty made ‘em to match the men

人生の流れの中で、輝かしい瞬間はあっという間に過ぎ去り、今は砂原しか見えない。天使が私たちを尋ねてくる。だけどそのことに気が付くのは、彼らが去ってしまったあとのこと
The golden moments in the stream of life rush past us and we see nothing but sand; the angels come to visit us, and we only know them when they are gone

お互いの人生をもっと楽にするためでないのなら、
私たちはなんのために生きているのでしょうか?
What do we live for, if it is not to make life less difficult for each other?

ミドルマーチ〈1〉 (講談社文芸文庫)

名言まとめ一覧

Top