ジム・モリソン名言まとめ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ジム・モリソン名言

ジム・モリソン Jim Morrison (1943 – 1971)

アメリカのミュージシャン、詩人。ロックバンド『ドアーズ(The Doors)』のボーカリスト。その破天荒な性格と音楽的才能から、ロック史上最もカリスマ性のあるミュージシャンのひとりとして数えられる。ローリング・ストーン誌の「史上最も偉大なシンガー100人」では、第47位に選ばれた。

モリソンは若年期から過度の飲酒癖に苦しみ、27歳という若さでこの世を去った。死因はヘロインの多量摂取だとされているが、検死がされなかったため、現在でもさまざまな憶測が飛び交っている。

代表曲は、『Light my Fire(ハートに火をつけて)』、『The End(ジ・エンド)』、『People Are Strange』など。


ジム・モリソン名言


未来のことはわからない。でも終わりはいつでもすぐそこにある
The future’s uncertain and the end is always near

飛行機事故で死んだって別にかまわない。むしろいい死に方だ。眠ったまま死んだり、年老いて死んだり、OD(オーバードーズ)で死んだりするのはごめんだ。僕は死を感じたい。舌で、耳で、鼻で感じたい。死はたった1度しか起こらない。それを逃したくはない
I wouldn’t mind dying in a plane crash. It’d be a good way to go. I don’t want to die in my sleep, or of old age, or OD…I want to feel what it’s like. I want to taste it, hear it, smell it. Death is only going to happen to you once; I don’t want to miss it

友人とは、君がありのままの姿でいられる完全なる自由を与えてくれる人のことだ
A friend is someone who gives you total freedom to be yourself

どの世代も、新しいシンボル、新しい人間、新しい名前を求めている。みんな前の世代から離婚したがっているんだ
Each generation wants new symbols, new people, new names. They want to divorce themselves from their predecessors

最も恐れているものに自分をさらせ。そうすれば、恐怖はその力を失う。自由への恐怖は縮み上がり、消え失せる。君は自由になる
Expose yourself to your deepest fear; after that, fear has no power, and the fear of freedom shrinks and vanishes. You are free

僕は、他人をかき乱して不快にさせるような人間が好きだ
I like people who shake other people up and make them feel uncomfortable

酔っぱらいは、とてもいい隠れ蓑になる。クズ野郎と会話できるようになるから、僕は酒を飲む。クズ野郎には僕も含まれている
Being drunk is a good disguise. I drink so I can talk to a**holes. This includes me

ある意味ギャンブルみたいなものだ。君は一杯やりに出かける。次の朝、どこで目を覚ますのかわからない。ついてる時もあれば、災難に終わる時もある。さいころを投げるようなものだ
It’s like gambling somehow. You go out for a night of drinking and you don’t know where your going to end up the next day. It could work out good or it could be disastrous. It’s like the throw of the dice

愛は君を運命から救うことはできない
Love cannot save you from your own fate

人は苦痛よりも死を恐れる。死を恐れるなんておかしなことだ。死ぬことよりも、生きることのほうが痛みを伴う。死の瞬間には、苦痛は終わっている。そう、死は友達なんだよ
People fear death even more than pain. It’s strange that they fear death. Life hurts a lot more than death. At the point of death, the pain is over. Yeah, I guess it is a friend

僕は、反乱や混乱、カオス、特に一見意味のなさそうな活動に興味がある。それが自由への道のりのように思えるんだ
I’m interested in anything about revolt, disorder, chaos, especially activity that appears to have no meaning. It seems to me to be the road toward freedom

大きな愛情を持った親や親戚は、笑顔を浮かべながら殺人を犯す。僕らに本当の自分を破壊するよう強要する。巧妙なタイプの殺人者だ
The most loving parents and relatives commit murder with smiles on their faces. They force us to destroy the person we really are: a subtle kind of murder

人は自分自身を恐れている、自分自身の現実を。何よりも自分の感情を恐れている。人は「愛は素晴らしい」なんて口にする。だけど、そんなものは戯言に過ぎない。愛は苦しく、感情はわずらわしい。僕たちは、苦痛は邪悪で危険なものだと教え込まれる。だけど、感情を恐れている人間が、どうやって愛と向き合うというのか?苦痛は僕らの目を覚ましてくれるものだ。人は苦痛を覆い隠そうとするが、それは間違い。苦痛はいつも持ち運ぶべきもの。ちょうどラジオのように。苦痛を経験することで、強さを感じるはずだ。苦痛をどのように持ち運ぶか、それが重要だ。苦痛とは感情。感情は君の一部だ。君自身の現実だ。君がそれに恥じを感じ、隠そうとするなら、君は社会が君の現実を破壊することを許したことになる。苦痛を感じる権利のために戦え
People are afraid of themselves, of their own reality; their feelings most of all. People talk about how great love is, but that’s bullshit. Love hurts. Feelings are disturbing. People are taught that pain is evil and dangerous. How can they deal with love if they’re afraid to feel? Pain is meant to wake us up. People try to hide their pain. But they’re wrong. Pain is something to carry, like a radio. You feel your strength in the experience of pain. It’s all in how you carry it. That’s what matters. Pain is a feeling. Your feelings are a part of you. Your own reality. If you feel ashamed of them, and hide them, you’re letting society destroy your reality. You should stand up for your right to feel your pain

Doors

Thumbnail by Zona Rebelde! via Flickr

名言まとめ一覧

Top