ガリレオ・ガリレイ名言

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

ガリレオ・ガリレイ名言

ガリレオ・ガリレイGalileo Galilei(1564-1642)

イタリアの哲学者、天文学者。科学的手法の父として名高く、天文学の父とも称される。

望遠鏡を使った天文観測をいち早く取り入れ、木星の衛星、金星の満ち欠け、太陽黒点などを発見。それらを根拠に「天動説」を否定し、「地動説」を是認した。このことが原因でガリレオは異端審問にかけられ、有罪判決をうける。享年77歳。

主な著書は、『星界の報告』、『太陽黒点論』、『天文対話』など。

Image: Wikimedia Commons


ガリレオ・ガリレイ名言


数学は神が宇宙を書くためのアルファベットだ
Mathematics is the alphabet with which God has written the Universe

学べるところが何もないほどの愚か者に私は会ったことがない
I have never met a man so ignorant that I couldn’t learn something from him

哲学はわれわれの目の前に拡げられているこの巨大な書物、
つまり宇宙に書かれている
Philosophy is written in that great book which ever is before our eyes
— I mean the universe

言葉や属性こそ、物事の本質に一致すべきであり、逆に本質を言葉に従わせるべきではない。
というのは、最初に事物が存在し、言葉はその後に従うものだからである
Names and attributes must be accommodated to the essence of things, and not the essence to the names,
since things come first and names afterwards

懐疑は発明の父である
Doubt is the father of invention

あらゆる真実は一度発見されれば理解するのは容易となる。
肝心なのは真実を発見することだ
All truths are easy to understand once they are discovered;
the point is to discover them

人にものを教えることはできない。
ただその人が自分で気が付くように助けることが出来るだけだ
You cannot teach a man anything,
you can only help him find it within himself

聖書は我々にいかに天へ行くかを教える。
いかに諸天体が動くかを教えるのではない
The Bible shows the way to go to heaven,
not the way the heavens go

名言まとめ一覧

Top