オリバー・ウェンデル・ホームズ名言まとめ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

オリバー・ウェンデル・ホームズ名言

オリバー・ウェンデル・ホームズ・シニア Oliver Wendell Holmes Sr(1809 – 1894)

アメリカの作家、医学者。ハーバード大学医学部卒。代表作は『朝食テーブルの独裁者』や『朝食テーブルの教授』など「朝食テーブル」シリーズで、19世紀の最も優れた作家の一人として称されることもある。

Wikipediaより


オリバー・ウェンデル・ホームズ名言


人間の精神は新しいアイデアや感覚により広がっていき、決して元の大きさに戻ることはない
A man’s mind is stretched by a new idea or sensation, and never shrinks back to its former dimensions

この世で重要なことは、自分が「どこ」にいるかではなく
「どの方向」に向かっているかだ
The great thing in the world is not so much where we stand, as in what direction we are moving

順風満帆な時もあれば、風に逆らって航海しなければならない時もある。
だが、とにかく先に進まなければならない。漂流や投錨するわけにはいかないのだ
we must sail sometimes with the wind and sometimes against it – but we must sail, and not drift, nor lie at anchor

口づけの音は大砲の音ほど大きくないが、遥かに長く響き続ける
The sound of a kiss is not so loud as that of a cannon, but its echo lasts a great deal longer

一瞬の直感は、一生涯の経験に匹敵することがある
A moment’s insight is sometimes worth a life’s experience

自分がどのようにして他の人間から希望を奪い去っているかに注意せよ
Beware how you take away hope from another human being

もし死の床にあるなら、私はこう言い残す:
「信念をもって未知の最後を追求せよ」
If I were dying my last words would be:
Have faith and pursue the unknown end

愛は幸福の扉を開けるマスターキーである
Love is the master key which opens the gates of happiness

誰でも初めて老人と呼ばれたときは驚愕させられるものだ
A person is always startled when he hears himself seriously called an old man for the first time.

愚かさは、時に人間を狂気から救うことがある
Stupidity often saves a man from going mad

どの本を読むのか細心の注意を払って選ばなければならない。
書物は「心の薬」、エジプトの王様は書斎の表札にそう掲げていた
The books we read should be chosen with great care, that they may be, as an Egyptian king wrote over his library,’The medicines of the soul.”

懇意な間柄なら人に失礼なことを言っても許されると、いい気になってはいけない。
人と親しくなればなるほど、さらに気配りや礼を尽くすことが必要になる
Don’t flatter yourself that friendship authorizes you to say disagreeable things to your intimates. The nearer you come into relation with a person, the more necessary do tact and courtesy become

人生は絵を描くようなもの。足し算をするようなものではない
Life is painting a picture, not doing a sum

名言まとめ一覧

Top