オスカー・ワイルド名言まとめ(日本語、英語)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone
photo by DPMS
オスカー・ワイルド Oscar Wilde(1854 – 1900)

アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。後期ヴィクトリア女王時代のロンドンで最も成功した劇作家のひとり。多彩な文筆活動をしたが、男色を咎められて収監され、出獄後、失意から回復しないままに没した。

代表作は、『ドリアン・グレイの肖像』、『サロメ』、『幸福な王子』など。


オスカー・ワイルド名言まとめ


「生きる」とは、この世でいちばん稀(まれ)なことだ。
たいていの人は、ただ「存在」しているだけである
To live is the rarest thing in the world. Most people exist, that is all

オレ達はみんなドブの中にいる。
でもそこから星を眺めている奴らだっているんだ
We are all in the gutter, but some of us are looking at the stars

何度も繰り返し読みたくなるような書物でなければ、少しも読む価値はない
If one cannot enjoy reading a book over and over again, there is no use in reading it at all

私は天国には行きたくない。私の友人は誰もそこにいないだろうから
I don’t want to go to heaven. None of my friends are there

ほとんどの人間は他人である。
思考は誰かの意見、人生は物まね、そして情熱は引用である
Most people are other people. Their thoughts are someone else’s opinions, their lives a mimicry, their passions a quotation

大衆とは、すばらしく寛容だ。天才以外のすべてを許す
The public is wonderfully tolerant. It forgives everything except genius

心は、傷つけられるためにある
The heart was made to be broken

人が命をかけるものだからといって、それが真実とはかぎらない
A thing is not necessarily true because a man dies for it

私は信条より人間を好む。そして、信条のない人間をこの世でもっとも好む
I like persons better than principles, and I like persons with no principles better than anything else in the world

自分らしくあれ。他の人の個性は、すでに売り切れだ
Be yourself; everyone else is already taken

経験というものは、単に自ら犯した失敗に名前を付けたものにすぎない
Experience is merely the name men gave to their mistakes

素顔で語る時、人はもっとも本音から遠ざかる。
仮面を与えれば真実を語り出す
Man is least himself when he talks in his own person. Give him a mask, and he will tell you the truth

社会は、罪人を許すことはあるが、夢想家を許すことは決してない
Society often forgives the criminal; it never forgives the dreamer

私は利口者すぎて、自分自身で何を言っているのかまったく理解できないときがある
I am so clever that sometimes I don’t understand a single word of what I am saying

私たちは不必要なものだけが必需品である時代に生きている
We live in an age when unnecessary things are our only necessities

教育は結構なものである。しかしいつも忘れてはならない。
知る価値のあるものは、すべて教えられないものだということを
Education is an admirable thing, but it is well to remember from time to time that nothing that is worth knowing can be taught

軽率な質問などない。 軽率な答えはたまにあるけれど
Questions are never indiscreet: answers sometimes are

皮肉屋とは、あらゆるものの値段を知っているが、何の価値も知らぬ人間のことである
A cynic is a man who knows the price of everything, and the value of nothing

人間のことを善人だとか、悪人だとか、
そんな風に区別するのはばかげたことですよ。
人というのは魅力があるか、さもなければ退屈か、そのいずれかですからね
It is absurd to divide people into good and bad.
People are either charming or tedious

人に真実を語りたいのであれば、相手を笑わせることだ。
さもないと、相手はあなたに殺意を抱くことになるだろう
If you want to tell people the truth, make them laugh, otherwise they’ll kill you

楽観主義者はドーナツを見て、悲観主義者はドーナツの穴を見る
The optimist sees the doughnut, the pessimist sees the hole

自由と書物と花と月がある。これで幸せでない人間などいるものだろうか?
With freedom, books, flowers, and the moon, who could not be happy?

誘惑から逃れる唯一の方法、それは誘惑に屈することだ
The only way to get rid of temptation is to yield to it

人生はあまりにも重要すぎて、真剣にその話をすることさえままならない
Life is far too important a thing ever to talk seriously about

人生は複雑ではない。私達の方が複雑だ。
人生は単純で、単純であることが正しいことなのだ
Life is not complex. We are complex.
Life is simple, and the simple thing is the right thing

自分自身を愛することは、一生涯続くロマンスを始めることである
To love oneself is the beginning of a lifelong romance

利己主義は自分の望み通りに生きることではない。
自分の望み通りに生きるように、他人に強制することである
Selfishness is not living as one wishes to live,
it is asking others to live as one wishes to live

私は自分の感情に翻弄されたくない。
それを利用し、楽しみ、支配したいのだ
I don’t want to be at the mercy of my emotions.
I want to use them, to enjoy them, and to dominate them

話の種になるより悪いことがひとつだけある。 話の種にもならないことだ
There is only one thing in the world worse than being talked about, and that is not being talked about

定義するということは、限界をつくるということです
To define is to limit

私は、未来のある男を愛し、過去のある女を愛す
I like men who have a future and women who have a past

すべての聖人に過去があるように、すべての罪人に未来がある
Every saint has a past, and every sinner has a future

良きアドバイスの唯一の良き使い道は、他の人にまわしてやることだ。
自分自身にとどめておいたところで、何の使い道もない
The only good thing to do with good advice is pass it on;
it is never of any use to oneself

誰でも友人の悩みには共感を寄せることができる。
しかし友人の成功に共感を寄せるには優れた資質が必要だ
Anybody can sympathise with the sufferings of a friend, but it requires a very fine nature to sympathise with a friend’s success

本当に魅力的な人間には、2種類しかない。何もかも知り尽くしている人間か、まったく何も知らぬ人間かのどちらかである
There are only two kinds of people who are really fascinating: people who know absolutely everything, and people who know absolutely nothing

試験では、愚か者が賢い人でも答えられないような質問をする
In examinations the foolish ask questions that the wise cannot answer

流行は見るに堪えられないほど醜い外貌をしているので、 六ヶ月ごとに変えなければならないのだ
Fashion is a form of ugliness so intolerable that we have to alter it every six months

男はきまって女の最初の恋人になりたがる。これは男の無粋な虚栄だ。女にはもっと繊細な本能がある。女の望み、それは男の最後の愛人となることだ
Men always want to be a woman’s first love. That is their clumsy vanity. Women have a more subtle instinct: What they like is to be a man’s last romance

人間は不可能を信ずる事が出来るが、起こりそうもない事を決して信ずることは出来ない
Man can believe the impossible, but can never believe the improbable

ものごとを外観によって判断しないのは、浅薄な連中にきまっている。この世の真の神秘は目に見えるものであって、目に見えないものではないのだ
It is only shallow people who do not judge by appearances. The true mystery of the world is the visible, not the invisible

わずかばかりの誠実さは危険であり、度を越した誠実さは致命的である
A little sincerity is a dangerous thing, and a great deal of it is absolutely fatal

まじめさとは軽薄な人間の唯一の避難所である
Seriousness is the only refuge of the shallow

一貫性というのは想像力を欠いた人間の最後の拠り所である
Consistency is the last refuge of the unimaginative

仕事とは、他になすべきことを持たない人々の逃げ場である
Work is the refuge of people who have nothing better to do

恋すると誰でも自分を欺くことから始まり、他人を欺くことで終わるのがつねである。これが世の、いわゆるロマンスである
When one is in love, one always begins by deceiving one’s self, and one always ends by deceiving others. That is what the world calls a romance

社会は個人に対して極刑を加える権利を持つかのように揮うが、社会は浅薄きわまりない悪徳をもっていて、己の行う事を自覚する力がない
Society takes upon itself the right to inflict appalling punishment on the individual, but it also has the supreme vice of shallowness, and fails to realize what it has done

人生の目的は自己の成長である。
人間性の成就を実現するために我々はここにいるのである
The aim of life is self-development.
To realize one’s nature perfectly – that is what each of us is here for

人生には選ばなければならない瞬間がある。
自分自身の人生を充分に、完全に、徹底的に生きるか、社会が偽善から要求する偽の、浅薄な、堕落した人生をだらだらと続けるかの、どちらかを
There are moments when one has to choose between living one’s own life, fully, entirely, completely-or dragging out some false, shallow, degrading existence that the world in its hypocrisy demands

名言まとめ一覧

Top