アレキサンダー・ポープ名言(日本語、英語)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

アレキサンダー・ポープ名言

アレキサンダー・ポープ Alexander Pope(1688 – 1744)

イギリスのオーガスタン時代 を代表する詩人。病弱だったため正規の学校教育は受けていないが、独学で古典文学や英文学を学び、幼少の頃から詩作に励んでいた。代表作のひとつ『批評論』は20歳のときの作品。

主な著書は、『髪盗人』『人間論』『愚物列伝』など。


アレキサンダー・ポープ名言


皆がそれぞれに航海するこの人生の広漠とした大洋の中で。
理性は羅針盤、情熱は疾風
On life’s vast ocean diversely we sail,
Reason the card, but passion is the gale

夜にとがめしことを朝には称賛するも、つねに最後の意見が正しいと考える
Some praise at morning what they blame at night, But always think the last opinion right

失敗するは人間なり、それを寛容するは神なり
To err is human, to forgive, divine

幸せ者とは、何ひとつ期待しない者のこと。
ゆえに彼は、決して失望することがない
Blessed is he who expects nothing,
for he shall never be disappointed

神の謎を解くなどと思い上がるな、人間の正しい研究課題は人間である
Know then thyself, presume not God to scan; The proper study of mankind is man

女は彼女と恋に陥っている男を憎むことはまずないが、
多くの場合、女は彼女と友だちである男を憎む
No woman ever hates a man for being in love with her,
but many a woman hate a man for being a friend to her

学者は「自然」の探求を歓び、
愚者は余計なことを知らぬのを歓ぶ
The learned is happy, nature to explore;
The fool is happy, that he knows no more

希望は人の胸に絶えることなく湧いてくる。人間は常に現在幸せであることはなく、いつもこれから幸せになると期待する
Hope springs eternal in the human breast: Man never is, but always To be Blest

間違っていましたと認めることを決して恥じるべきではない。それは、言い方をかえれば、昨日よりも今日の自分の方が賢くなったということだ
A man should never be ashamed to own that he is wrong, which is but saying in other words that he is wiser today than he was yesterday

人に物事を教えるには、教えているような様子をしてはいけない。
その人の知らないことでも、忘れたことのように言い出さねばならない
Men must be taught as if you taught them not,
and things unknown proposed as things forgot

娯楽とは、考えることのできない者のための幸せである
Amusement is the happiness of those who cannot think

決して何も学ぶことのできない人間もいる。
すべてをすぐに理解しすぎるからである
Some people will never learn anything
because they understand everything too soon

人間は幸福ではない。しかし、つねに未来に幸福を期待する存在なのだ。
魂は故郷を離れて不安にふるえ、未来の生活に思いをはせて憩うのだ
Man never is, but always to be, blest.
The soul, unesay and confin’d from home, Rests and expatiates in a life to come

名言まとめ一覧

Top