アイザック・アシモフ名言まとめ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

アイザック・アシモフ名言

アイザック・アシモフ Isaac Asimov (1920 – 92)

ロシア生まれのアメリカ人作家。アーサー・C・クラーク、ロバート・A・ハインラインと並んで世界の三大SF作家として知られる。有名な著書は、『われはロボット』『鋼鉄都市』『ロボットと帝国』『ファウンデーション』など。また推理小説(『黒後家蜘蛛の会』)などSF以外の分野でも高い評価を得ており、著作は合計で500冊以上に及ぶ。

Image via Wikimedia Commons


アイザック・アシモフ名言


この世の中の最も悲しい側面は、社会が知恵を蓄積する速度よりも、科学が知識を蓄積する速度が上回っていることだ
The saddest aspect of life right now is that science gathers knowledge faster than society gathers wisdom

モラルに正しい行いの邪魔をさせるな
Never let your sense of morals prevent you from doing what is right

チェスとは違い、人生ではチェックメイトの後もゲームが続いていく
In life, unlike chess, the game continues after checkmate

問題を解決する最も簡単な方法は、その存在を否定することである
The easiest way to solve a problem is to deny it exists

もし医者から「あと6分しか生きられない」と告げられても、私はくよくよ悩んだりしない。タイピングの速度を少し上げるだろう
If my doctor told me I had only six minutes to live, I wouldn’t brood. I’d type a little faster

生は愉快、死は平穏。煩わしいのはその変わり目である
Life is pleasant. Death is peaceful. It’s the transition that’s troublesome

科学の世界で最も興奮するフレーズ、新発見を最も予感させるフレーズは、「エウレカ!(見つけた!)」ではなく、「これは不思議だ…」である
The most exciting phrase to hear in science, the one that heralds the most discoveries, is not “Eureka!” (I found it!) but ‘That’s funny…

きちんと読めば、聖書は無神論にとって想像できる限りで最も説得力の強いものである
Properly read, the Bible is the most potent force for atheism ever conceived

暴力とは、無能者にとっての最後の拠り所である
Violence is the last refuge of the incompetent

独学こそが唯一の教育である、私はそう強く信じている
Self-education is, I firmly believe, the only kind of education there is

仮に知識が問題を作り出すとしても、それらを解決するのは無知によってではない
If knowledge can create problems, it is not through ignorance that we can solve them

仮説は外の世界を知るための窓のようなもの
たまには磨いてやらないと、光りが差し込まなくなってしまう
Your assumptions are your windows on the world.
Scrub them off every once in a while, or the light won’t come in

君は作品を送り続けなければならない。原稿を引き出しの中でいつまでも眠らせておくなどということは決してやってはならない。他の仕事に取り掛かっている間も、何度も何度も繰り返し作品を送るのだ。もし君に才能があれば、ある程度の成功を手にすることができるだろう。ただし固執すればの話だ
You must keep sending work out; you must never let a manuscript do nothing but eat its head off in a drawer. You send that work out again and again, while you’re working on another one. If you have talent, you will receive some measure of success – but only if you persist

無知に身を委ねて、神の仕業と宣言するのは、いつの時代においても未熟な行為。それは現在でも未熟なままである
To surrender to ignorance and call it God has always been premature, and it remains premature today

知性とは進化における偶然である。必ずしもそれが優位というわけではない
Intelligence is an accident of evolution, and not necessarily an advantage

彼らは耳を貸さないよ。なぜだかわかるか?過去への強い固定観念を持っているからだ。いかなる変化も彼らの目には冒涜に映る。仮にそれが真実であってもだ。彼らが求めるのは真実ではなく、しきたりなのさ
They won’t listen. Do you know why? Because they have certain fixed notions about the past. Any change would be blasphemy in their eyes, even if it were the truth. They don’t want the truth; they want their traditions

私は読むのが早いほうではないが、飲み込むのは早いほうだ
I am not a speed reader. I am a speed understander

コンピューターの人間らしくない部分。それは、一度的確にプログラムされ、円滑に機能し始めると、完全な正直者になってしまうところだ
Part of the inhumanity of the computer is that, once it is competently programmed and working smoothly, it is completely honest

なぜだろう?どうして優れた運動能力を示す者はクラスメイトたちの賛美の的となるのに、優れた知的能力を示すものは憎悪の対象となるのか?
Why is it, I wonder, that anyone who displays superior athletic ability is an object of admiration to his classmates, while one who displays superior mental ability is an object of hatred?

ロボット工学三原則
The Three Laws of Robotics:

1: ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない
A robot may not injure a human being or, through inaction, allow a human being to come to harm;

2: ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない
A robot must obey the orders given it by human beings except where such orders would conflict with the First Law;

3: ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない
A robot must protect its own existence as long as such protection does not conflict with the First or Second Law;

Top