ハッカーがイスラエルに“聖戦布告”:アノニマスのYouTube動画

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone
Anonymous en la operación Goya

Photo By gaelx

「ハックティヴィスト集団“アノニマス”」、最近ではこの名前をニュースで見ない日がない。ほぼ毎日のように、Google News(英語版)のトップストーリーに顔を出している。

1月後半に起きた「FBIおよび米司法省へのサイバー攻撃」を皮切りに、アノニマスの活動は一気に加速した。国連をはじめ、ギリシャ・ポーランド政府ブラジル国営銀行、さらにはCIAなど、国家権力への攻撃が相次いでいる。

そして今回、YouTubeを通してイスラエル政府に対し、宣戦布告ならぬ“聖戦布告”を突きつけた。動画の中でアノニマスは、イスラエルのパレスチナに対する抑圧を「人道犯罪」だとして猛烈に批判し、「インターネットからイスラエルを抹消する」と宣言している。

セキュリティー関連企業のMcAfeeは、イスラエルのサイバーセキュリティーについて、「フィンランド、スウェーデンと並び、世界最高峰」と称している。この頑丈なセキュリティーに対し、アノニマスが具体的にどのような攻撃を仕掛けるのかは明らかではないが、とにかく今後の展開に注目していきたい。

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=nrJ551FFWp0?feature=player_embedded]

 

声明文(日本語訳)

 あまりにも長い間、我々はあなた(イスラエル)が犯してきた反人道的犯罪を容認してしまい、あなたの罪を罰さないままでいた。

巧みなメディア操作と政治賄賂により、あなたは大衆の同情心を買うことに成功した。あなたは自身を「民主主義」と呼ぶが、これは真実からはほど遠い。あなたの唯一の目標は、多数の自由を踏みにじることで、「選ばれた少数」の生活をより良くすることではないか。

我々は、メインストリーム・メディアに蔓延し、政界を懐柔するあなたのプロパガンダを見透かしている。あなたが掲げるシオン主義的偏見は、数え切れないほどの命を奪ってきた。世界が涙を流すとき、あなたは笑いながら次の攻撃を画策する。このすべてが平和にかこつけて行われている。あなたの体制が存在するかぎり、本当の平和は訪れない。

あなたは迷信的な要求への服従を拒否するすべての人間に対し、「反ユダヤ主義者」のレッテルを貼り付けようとする一方で、「核兵器による大量虐殺」を実現するための措置を着々と進めている。現状のままであれば、あなたは存在するに値しない。アノニマスの鉄槌をくだす時がきた。あなたの帝国は、正当性を欠いている。ゆえにペテンで身を隠すしか生き延びる手段がないのだ。我々は、嘘のキャンペーンに基づいて主権国家を攻撃するあなたを許さない。

あなたの支配力は弱まり、人類は自由に一歩近づくだろう。その日が訪れる前触れとして、世界中の人々があなたに対して蜂起し、あなたの存在価値すべてを否定するだろう。

恐怖政治に対する我々の「聖戦」は、3つのステップで行われる。

ステップ1は、このビデオのリリース後に始まり、インターネットの世界から完全にあなたを抹消することを目的とする。

ステップ2については、後日公表するが、既に着々と計画は進んでいる。

ステップ3、これを我々アノニマスからあなたへのプレゼントだと思っていただきたい。我々は、「警察国家」が「自由国家」に生まれ変わる日まで、やめるつもりはない。

We are anonymous.

We are legion.

We do not forgive.

We do not forget.

Israeli government; Expect us.

 

Top